ホーム > 概要・沿革 > 日本経営士会の歴史

日本経営士会の歴史

日本経営士会は、日本初の経営コンサルタントの団体として1951年(昭和26年)に、当時の通商産業省と経済安定本部(経済企画庁の前身団体)の指導を受け発足しました。以来、60年近くにわたり、日本のコンサルタント業界の発展に貢献してきました。

ここでは、貴重な資料をひもときながら、経営士誕生の瞬間をご紹介いたします。

"経営士"の誕生

昭和26年8月14日、経本546号の書簡が民間の能率関係者ならびに学識経験者70名に発送された。「マネジメント・コンサルタントの制度の確立等についての意見を聞きたい」との経済安定本部副長官よりのものであった。
 同年8月27日、午後1時、当時の経済安定本部長官舎(東京都港区麻布市兵衛町2-89)に民間能率関係者、学識経験者38名が参集、官側より経済安定本部産業局長、産業政策課長、機械課長が出席し、故上野陽一氏が座長となり、マネジメント・コンサルタントの制度についての懇談会が催され、ここに、わが国におけるマネジメント・コンサルタントの公式な検討が始まったのである。これこそ幾多の先輩が大正の末期より身をもって示してきた経営指導についての職業とその地位の確立への芽生えであった。

 8月27日の公式会合を契機として、同日懇談会終了後、第1回準備委員会(準備委員は、上野陽一、森川覚三、荒木東一郎、大内次男、平井泰太郎、中西寅雄、上田武人、岡田徹の8氏)が行われ、その後2回の準備会の後、9月25日午後1時より通商産業大臣官邸において第4回の準備委員会、午後2時より日本経営士会設立発起人会が催され、日本経営士会の創立を可決し、同時に午後4時より日本経営士会創立総会が通商産業大臣官邸で開催され、ここに今日、会員 2100名余を有し、わが国唯一の経営コンサルタントの全国団体である日本経営士会が発足した。

引用文献:一般社団法人日本経営士会編(1991)『日本の経営コンサルタント』日本法令